Yukari

記事一覧(18)

2018年を振り返って

年齢とともに1年があっという間に感じます。今年1番の出来事といえば、なんと言っても美姿勢トーニングインストラクターになった事!!私にとっては、本当に大きな目標であり、チャレンジでもあったこの養成講座。募集が始まった時、今やらなかったら絶対に後悔すると思って申し込んでしまったものの、時間が経つに連れ無謀だったかな、という気持ちが膨れ上がり、緊張しながら講座当日を迎えた事を覚えています。インストラクターになって5か月。まだまだ、力が上手く抜けなかったりするけれど、確実に食べ方は変わってきているし、体重という数字よりも自分の体が快適かどうかに重点を置けるようになってきました。せっかく痩せてキレイになりたい、健康的になりたいと始めたダイエットが、体重にこだわりすぎて、逆に摂食障害になってしまったり、体も心もボロボロになってしまっては本末転倒な訳で。。。私も若い頃は、無謀なダイエットを繰り返しているので、気持ちも分かるけれど🤭いずれは、香港の若い女の子達にも美姿勢トーニングを広げていけたらいいなあ。経血コントロールもできるようになれば、生理用ナプキンからの経皮毒のリスクも抑えられる。女の子達が親になった時、彼女たちの子供に伝えることができる。良い循環しか生まれない気がする😊来年は私は新しいステージに入るので、今のステージで学んだ事をシェアできる機会を増やしていけるといいなあと思っています。皆さん、良いお年をお迎えください。

執着を手放す

今までに何度もぶつかってきた問題に、今月に入ってからまた向き合っています。数秘で見る人生の大きな周期の変わり目にいるからか、ここ数年間ずっと向き合っても見つからなかった答えにようやくたどり着けた気がします。その答えが、タイトルにもあるように「執着を手放す」。今までも何度も目にしてきた言葉だし、自分ではもうとっくに手放したと思い込んでいた執着。最近、色々と考えさせられる事も多く、自分と向き合っていると、次から次へと手放したはずの執着が出てくる😅でも、この執着を手放すというのは、私にとっては今までの自分の価値観を壊すという事でもあり。。。なかなか、自分自身との折り合いがつきません。私の今のステージでのチャレンジナンバーは2番。2番は受容の数字です。自分自身を受け入れる。今、この集大成にきている気がします。今まで自分自身と真剣に向き合うという事がなかった私には、本当にしんどい辛いステージでした。でも、この経験があるからこそ私の今基盤になっている大きなエネルギー3番が生きてくるのだと思います。3番は個性の数字。確固たる自分を確立する。まさに私の今のステージそのものです。周りからどう思われるか、周りがどう感じるかよりも、自分がどう感じるか、どうしたいのかを基準に行動できるようになったのは私にとっては大きな進歩です。自分の感情と必死に向き合ったからこそ、今の私があるわけで、遠回りをしてしまったとは思うけれど、無駄な時間ではなかったと思います。自分の感情の変化を楽しみながら、執着を手放していきたいと思います。